study 留学
test

目次

このページをスクロールしていくと、下記目次のすべての項目が見られます。

留学にニュージーランドが選ばれる5つの理由

①【自然・住環境】自然が豊か、治安が良く安全

つねに世界中から移住や旅行の目的地として注目されるニュージーランドは、きれいな海と豊かな自然に囲まれた素晴らしい環境です。
また、安全な国ランキングに常に上位に入る治安の良さは、ニュージーランドが選ばれる有力な理由の一つです。


②【語学環境】優しい英語話者が多い国

ニュージーランドの英語は、アメリカ系とイギリス系に分ければ綴り、発音や言い回しもイギリス英語がベースになっています。アメリカ英語を学ぶことが多い日本人にとっては、世界の二大英語のイギリス英語を学ぶチャンスになるとも言えます。

英語を学ぶという観点でニュージーランドの良さを挙げると、英語にまだ自信がない人も、失敗を恐れずのびのびと英語を学べる環境が整っている、ということです。

これはどういう意味かと言いますと…

アメリカやイギリスなどでの体験談として、「まだ学習途上でつたない英語を話したところひどく侮辱的な扱いを受けた」というような話をよく聞きます。しかし、ニュージーランドでそのような話はほとんど聞きません。この理由として、以下の二つを挙げたいと思います。

◎多様なアクセント(なまり)が存在
  • イギリス英語を持ち込んだ移民のアクセントが複数
  • オーストラリアと共通の「オセアニアアクセント」の発展
  • 英語のほか、マオリ語と手話も公用語
  • 人口のおよそ3割が移民
  • マスメディアからアメリカ英語の影響も強い
◎他の文化へのリスペクトが強い

マオリの人たちが先住民族としての権利を獲得してきていることや、移民の存在などのお陰で、他の文化へのリスペクトが比較的強いと思われることです。
英語ネイティブ話者ならではの傲慢さが、他の英語の国に比べると少ないと感じている移住者は、とても多いと思われます。

このような事情を反映してか、ニュージーランドでは間違いの多い英語を話したとしても、人を馬鹿にしてさげすむような態度を取られたというような残念な体験談を聞く機会は、非常にまれです。是非寛容な英語話者の国ニュージーランドで、英語を楽しく学んでくださいね!

③【優れた教育システム】高い教育水準と丁寧な留学生サポート

世界でも教育水準が高いニュージーランドでは、高校生のうちから生徒一人ひとりに合わせカスタマイズされた授業カリキュラムが組まれます。日本に比べ必須科目が少ないので、自分の興味のある分野に力を注ぎ集中することができるのがニュージーランド教育の特徴です。
例えば数学が得意な生徒は数学を、音楽が得意な生徒は音楽を徹底的に極めることができます。また、心理学や社会学、観光学など日本の高校では受講できないような、より専門性の高い教科を選択することもでき、自分の将来の目標に合わせて、個性を伸ばす教育を受けることができます。

また長年にわたり留学生を受け入れてきているため非常に受け入れ体制が整っています。多くの学校に留学生担当のスタッフが常駐し、見学や短期留学の受け入れにも非常に柔軟で、手続きがスムーズです。生徒や保護者からの相談も丁寧に対応してもらえます。

④【コスト】英語圏で最も安くリーズナブルに留学ができる

世界の主要英語圏5ヶ国中では、為替や物価も含め、最も低価格でリーズナブルに留学することができる国です。

⑤【人的環境】自由、多様性など、お金には代えられない価値を学べる

Introducing Maori culture
首相と外相(Nov 2020)

先住民のマオリや移民の多いニュージーランドでは、国の基本的な価値観として多様性を非常に重んじています。お互いの違いを尊重しながら多国籍な文化が共存し、クラスの1/3以上が世界各国から集まった学生であることも珍しくありませんし、LGBTにも寛容です。日常的に異文化、多様性を肌で感じ、真の国際性を身につけることができます
言論の自由も大切にされ、世界報道自由度ランキングでも上位に入ります。

留学にSwitchPointが選ばれる理由

私たちの強み

スタッフはオークランドの公立校の保護者

弊社のスタッフ全員がオークランドに長年在住して現地公立校に子供たちを通わせている父母です。
留学先となる学校やホストファミリーとは同じ地域のコミュニティ仲間であることも多いので、留学生はより多くの大人に見守られながら、安心して留学生活に身を置くことができます。また、実際にもともと通学している生徒から情報を得られることも多く、よりアットホームな環境なので安心です。
私たちは、親元を離れて暮らす留学生にとってより身近な存在となれるよう、一人ひとりに寄り添うサポートを心がけております。

スタッフ紹介はこちら

個人経営のため、細やかで丁寧な対応

大きな組織の経営による留学サポートの場合、対応が事務的だったり、担当者の変更などで戸惑うようなことも起こりえます。
弊社は個人経営ですので、常に密な情報共有が可能なのでご本人だけでなくご家族にとっても安心です。

ツアー部門もあるので効率的

弊社では留学部門とツアー部門を備えています。ご家族・ご友人などが送迎や日帰りツアーなどをご希望の際にも、他社に依頼することで手数料や時間のロスが発生したりすることなく社内で即座に対応できますので、効率的です。各種個人ツアーも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お客様の声

立花さん

立花さん(高校留学生の保護者)

「ニュージーランドはアクティビティ天国です。自然豊かなこの国で息子はトライアスロンをする為に留学しました。勉学との両立は大変でしたが、体験を通して自分で考えて行動する「生きる力」が身についたと思います。また、何かあるとすぐに現地カウンセラーが親身に対応してくださり親としてはとても心強かったです!」

中学・高校留学(14~18歳、1年~長期)

ニュージーランドの高校は通常14歳から18歳までの5年制です。
1年間以上の長期留学プログラムではホームステイをしながら現地高校に通い、ニュージーランド人のクラスメイトと共に学校生活を送ります。

費用の目安: 350万円/1年間~ ※おおよその目安。渡航費(航空券代)は含まれません。

ニュージーランドで中学・高校留学する価値とは?

語学留学するのにふさわしい年齢

人間の脳は若いほど柔軟で環境への適応能力があります。まだ頭の柔らかい中学や高校時代の留学は「きれいで使える」英語を、比較的短期間で修得することが可能です。

また、現実的な問題もあります。ニュージーランドでは14歳未満の子供が家に一人でいてはいけないという法律があるため、その年齢に達していない生徒を受け入れてもらえるホームステイ先を探すのは簡単ではありません。

14歳以上になれば、ホームステイ先にもスムーズに受け入れてもらえますし、精神的にも自立して自主的に勉学やそれ以外の活動ものびのびとできる年齢になりますので、留学適齢期と言えます。

進学・就職に経験を活かせる

日本の大学に進学する場合、一般の受験とは違う「帰国子女」枠が設けられていることが多く、その枠で受験することが可能となります。海外の大学進学を希望する場合には、高校留学はその夢への大きなアドバンテージとなるでしょう。

留学生をサポートする体制

高校留学中は、学校とホストファミリーと現地カウンセラーとが協力して留学生一人一人の留学環境を見守り支えていきます。このようなサポート体制により、無断外泊や学校の無断欠席をはじめとする様々なトラブルを未然に防ぐことができ、安全で安心な留学を実現することができます。

中学・高校留学の流れ

長期留学の流れ

8月学校見学、生活環境の下見
9月学校選び・申込み手続き
10月留学費用の支払い
11月学生ビザ申請
1月中旬渡航
ご希望に応じて語学学校の準備コースを受講
1月末頃 ※1学期からの場合1学期から留学スタート

4月中頃 ※2学期からの場合

2学期から留学スタート

通学可能な中学・高校学校一覧

全国のいかなる学校でも特に制限なくご希望留学先をお聞きでき、提携先などをご紹介可能で、なかでも弊社のあるオークランド県内であれば基本的に弊社スタッフが直接生徒をサポートしております。

その中でも、現在は特にオークランドにある以下の学校とは、

  • 留学生担当教員、スタッフとの信頼関係が築かれている
  • 学校の雰囲気、生徒のデモグラフィー(人種、経済状況など)の把握ができている
  • 過去に担当生徒の在校歴がある

などの良好な持続的関係を維持しているため、特に安心してお勧めしております

  • Avondale College アボンデール カレッジ
    西オークランド地区の緑豊かな住宅地にある大規模な学校。近年優れた学業成績を収めていて、音楽や芸術、スポーツにも力を入れている。14ヘクタールの広大な敷地には、2015年に完成した新校舎をはじめ、スポーツ施設、技術家庭科室、ダンスルームや音楽室など質の高い設備が整っている。自校のキャンプ場も所有しておりNZならではのアウトドア教育も充実している。



  • Green Bay High School グリーンベイ ハイスクール
    西オークランド地区の治安の良い住宅地にある学校。ニュージーランドらしいフレンドリーでのんびりとした校風が特徴で、生徒と先生との距離も近い。地域コミュニティがしっかりしているので、安心してホームステイ生活が送れる。現地の学生とのバディ(ペア)制度を取り入れているので留学生はスムーズにクラスの輪に入ることができる。



  • Northcote College ノースコート カレッジ
    オークランド北部ノースショアエリアにある学校。非常に治安の良いエリアに学校があり環境の良さから留学生も多い。学校の規模のわりにスポーツに強く、屋内プールも完備していることは現地高校では珍しい。近くにショッピングセンターがあり市街中心部への交通のアクセスも良い。



  • Rangitoto College ランギトト カレッジ
    国内最大規模のマンモス高校で学業成績も良く、卒業生のほとんどが大学に進学している。またダンスや演劇・音楽などの芸術プログラムも充実していて広い敷地内のスポーツ施設も整っている。大変治安の良いノースショアエリアの高台にあり校舎から臨むランギトト島とハウラキ湾はすばらしい絶景。多くの留学生を受け入れてきた実績があり留学生のケアがきちんとしている。授業についていくための英語力が足りないと判断された生徒には提携先の語学学校での集中講座も提供している。



  • Glendowie College グレン ダウイー カレッジ
    オークランド中心部から東へ20分程の穏やかで安全な高級住宅地の一角にある進学校。芸術・スポーツ・学業成績ともに優れた文武両道の学校です。比較的小規模な学校で留学生も少なく、きめ細やかな留学生サポートが評判。ビーチまで5分の自然豊かな環境にある。

現地カウンセラーによるサポート内容

弊社スタッフ(カウンセラー)の直接サポートには、以下の内容が含まれます。

  • 空港到着時の出迎え、ホームステイ先までの送迎
  • ホストファミリーへの紹介、日本のご両親へ到着の連絡
  • ステイ先でのオリエンテーション(生活習慣・電車バスの乗り方等の説明)
  • 携帯電話申し込みの手伝い
  • 銀行口座の開設の手伝い・オンラインバンキング含む使い方の説明
  • 月々のお小遣いの管理
  • 病院への付き添い・通訳
  • 学校との三者面談
  • 保護者へのコミュニケーションサポート(学校との連絡の窓口となり英語でのコミュニケーションのサポート)
  • 留学生との定期面談・生活サポート(留学生に対して留学生活に関する相談窓口となり、必要に応じてホストファミリーや学校と連携してサポート)
  • 成績表の翻訳
  • 学習サポートの手配。TOEIC,TOEFL試験の申込みアシストや塾の紹介
  • 24時間緊急サポート(事故や犯罪などに巻き込まれた際のサポート、急病時の病院搬送・付き添い、保護者への連絡等。24時間日本語電話連絡可)
  • その他、必要に応じてのサポート

ガーディアンサポート

中学・高校 下見ツアー

中学・高校 留学体験談

Oさん

Oさん(18歳) 2年間の留学を終え、アメリカの大学に進学予定

「ニュージーランドは日本と真逆の季節、9000kmも離れている土地ですが、親日家の方も多く学校でも日本語を勉強している学生が大勢いて、意外に日本を身近に感じることが出来ました。
また、多文化が共存し多様性が尊重されている国柄か、学校の選択教科にも驚くほどの多様性があり、40種類以上もの教科から自分の興味のあるレッスンを選ぶことができます。
ニュージーランドを離れるのは名残惜しいですが、この留学で得た世界各国の友達やいろいろな体験は一生の宝物になりました。」

語学留学(短期、長期)13歳~大人

春・夏休みなどを活かした短期留学(2週間~3か月以内)は年齢を問わず人気です。
それぞれの目的に合った語学学校のコースを選ぶことができます。中高生にはアクティビティー付きコースが人気です。
また、長期留学に踏み出すための『お試し留学』としても最適です。ホームステイ滞在。

費用の目安: 16万円/2週間~ ※おおよその目安。渡航費(航空券代)は含まれません。

ニュージーランドで語学留学する価値とは?

語学留学の流れ

通学可能な語学学校一覧

小学生・親子留学

ニュージーランドで小学生が親子留学する価値とは?

親子留学の流れ

当社の親子留学へのサポート

シニア留学(40歳~)

ニュージーランドでシニア留学する価値とは?

近年人気のシニア留学では、より実用的な英語を楽しく学べるプログラムをご用意しております。
一例としては、午前中はクラスルームでグループレッスン、午後はネイティブの先生とマンツーマンで学校外のカフェや美術館などをめぐったりし、
実際に英語を使いながらの個人レッスンとなります。

費用の目安: 22万円/2週間~ ※おおよその目安。渡航費(航空券代)は含まれません。

シニア留学の流れ

当社のシニア留学へのサポート

ワーキングホリデー

ニュージーランドでワーキングホリデーする価値とは?

ワーキングホリデーの流れ

当社のワーキングホリデーへのサポート

© 2021 SwitchPointNZ